HOME >> 屋根カバー工法での拘り

屋根カバー工法への拘り

屋根工事の重ね張り(カバー工法)の当社の拘っている内容を主に記載しました。 28年の施工の経験から金属屋根を施工するにあたって心がけていることです。 主に対応はLIXIL・アイジー工業さんでの対応になります。 紹介している商品はこちらでも確認してください。
もちろん他メーカーでも同じ対応になります。

最初は屋根の診断

当社ではお客様との初めての訪問で屋根の以来の場合は屋根の上に登り診断及び実測の 計測を行います。その後図面をお持ちのお客様にはコピーを頂きます。 普段から遠目でしか見えない屋根を画像も含め現状の状態を確実に伝えます。 セキスイリフォームショップ時代にで培った診断方法を最大限に活かして 『わかりやすく!』が大事です。近年ではドローンも用意しておりますので空撮も可能です。
※形状や立地条件などの急勾配や高すぎて屋根に登れない場合もあります。


下地材ルーフィング

屋根の防水紙は基本的に拘っております。大体色々なホームページを見ていると、私が目に留まる所は防水紙の色と種類です。
カバー工法!なんて記載してあるものの塗装屋さんや片手間などでカバー工法をしているところはほぼグリーンの防水紙です。
もちろんそれがイケない訳ではありません。全てではありませんが経験上グリーンの防水紙はただのアスファルトルーフィングです。
当社で使用している防水紙は改質アスファルトルーフィングでほぼ色はグレーかブルーになります。もしくは遮熱エアテックスと言う
遮熱防水紙を使用します。(オプション)通常のアスファルトルーフィングでももちろん一般的な防水紙で問題は無いのですが
改質アスファルトルーフィングは原紙アスファルトの上下に改質アスファルト層を設けていてその部分がゴムでありポリマーなどが混入されております。その為いつもグリーンのアスファルトルーフィングの切れ端を悪い例として持っているのですが故意に破って頂ければ全く違う強度を理解して頂けますし、特にカバー工法のような釘を沢山貫通する施工方法には防水性は遙かに高く、通常の釘穴程度では水の浸透はありません。では何故屋根を施工する人は皆使わないのか?単に外注業者さんが施工するのであればアスファルトルーフィングの方が安いからです。


KMEW タフガード

出張時に使用する改質アスファルトルーフィング

フクビ 遮熱エアテックス

耐久性30年とも言われるライナールーフ

役物・部材

役物・部材等を固定する為の下地材は外壁同様ハイブリッド下地を使用しております。せっかくの耐久性の高い屋根材。しかも普段目の届かない屋根部分。カバー工法を施工する時に良く見る画像で棟や部位的に使用している材木が腐っているのを良く強調しております。
なのに・・・何故か新しく施工した屋根材にまた新規で材木を使って施工しているのがほとんどです。例えば10年で下地が腐りかけていたら、屋根が20年保証でも下地は10年で腐る可能性はあります。もちろんこれもいけない訳では無いのですが台風などで部品でも飛ばない限り劣化はわかりません。せっかくの高額な施工です。選択出来る材料は高い物と安い物があるのであれば高くても高耐久な物を使用てあげる事がカバー工法で今回限りでメンテナンスをしたくないと言われるお客様に対しての工事では無いかと思っておりますので当社ではハイブリッド下地を使用致します。

バックアップ材

当社ではメーカー純正バックアップ(EPDM)部品を使用致します。雨などが進入しそうな板金取り合い部分に使用します。
EPDM(エチレンプロピレンゴム)製のバックアップは耐候性、耐寒・耐熱性、耐薬品性にすぐれた各種部位の間隙を充てんする発泡シール材です。使用するメーカーや屋根形状によってサイズは変わります。これに関してはメーカー部材でほとんどが用意されているとは思いますが実際使っている施工画像をあまり見た事はありません。もちろん当社だけでは無いとは思いますが使用しない業者さんもあると思います。

金属屋根本体

当社では使用する屋根材は主に3段階でデザインと保障の違いでお客様に提案しております。オーソドックスなガルバリウム屋根材で基材10年保証もありますが、近年では屋根に関しては15~20年と言う保証が通常になってきました。穴あきに関しては25年です。
大きめの段差の出来る瓦に近い形状の天然石系は基材30年保証。お客様の好みとご希望に沿う商品を提案しております。

部材の固定

当社は施工例をじっくり見て頂ければわかりますが、仕上げ部材等の固定にステンレスゴムパッキン付きビスを使用しております。
色はブラック・ブラウン・グリーンとありますがそれに合わない屋根材にはブラックで対応しております。
お見積りにお伺いした時に、ほぼ全ての屋根が板金部を釘で固定していますが診断をお願いされる10~15年でほぼ浮いたり外れかけているのが現状です。新規で施工するのに屋根の耐久性に劣らない施工をする事、施工前よりも品質の高い工事をする事。各部位に50mmのビスを確実に下地に固定する事で台風や劣化などで部品が外れる心配はありません。

その他コンテンツ

外壁のカバー工法への施工の拘り

屋根カバー工法のお勧め商品

カバー工法出張致します

外壁リフォーム

概要

リフォームJAPAN
〒462-0031 名古屋市北区米が瀬町4-2
TEL:052-793-9640 FAX:052-796-1353
(AM8:00〜PM20:00 不定休)
電話は常時転送がかかっております。