リフォームJAPAN 屋根の現地調査はドローンで撮影

外壁・屋根のカバー工法 外壁リフォーム 屋根リフォーム 職人にお任せ直接依頼で低価格!

外壁と屋根のリフォーム カバー工法ならリフォームJAPAN
塗装工事するよりカバー工法
お客様の為に一生懸命
外壁カバー工法のお見積りが250万を超えてる方
屋根カバー工法のお見積りが120万を超えてる方
寒い地域だからこそカバー工法
遠方工事もお伺いいたします!
ブログも時より更新
遠方工事もお伺いいたします!
無料屋根診断
外壁WEB見積り
屋根WEB見積り
お客様の声
問い合わせから契約までの流れ
催事のお知らせ
 愛知県リフォーム瑕疵保険登録業者
日本金属サイディング工業会
本格瓦の施工なら一宮の北野瓦店

概要

リフォームJAPAN
〒462-0031
名古屋市北区米が瀬町4番地2
電話 052(793)9640
FAX 052(796)1353
HOME >> ドローンで空撮調査や撮影
もともとドローンを導入した理由はメーカー様の新商品発売に辺り当社が販売した物件の施工画像が
欲しいと言われたのがきっかけでした。
まずビフォーアフターはもちろん写真は撮れるが足場は入ってしまう・・・
足場がない状態での撮影は高所作業車が必要になる・・・
そこでドローンの導入を考えました。導入してからと現地調査は必要不可欠になり、普段見れない屋根の全体像もお客様に簡単に確認して頂けると共に見れない全体的な画像と塗装を繰り返したが為に出来た
塗装のムラなど・・・より解りやすく提案が可能になりました。
何よりお客様がドローンを飛行させた際に珍しく見て頂ける事も導入して良かったと思います。
ドローンならではのメリットなども記載がありますのでご覧ください。
 
   
屋根のリフォームをお考えの際に大体のお客様は下記の理由は多いのは確かです。
見た目が悪い コケが酷い 塗装が剥げてきた・・・などなど色々な理由があります。
もちろん長く住む為に住宅に一番大事な屋根。
塗装もをする事も屋根材自体を長期に渡り耐久性を持続させる手段の一つでもあります。
塗装にしろカバー工法にしろ施工前の状態をまずは把握する為に全体を簡易的に把握出来ます。
本来は屋根に上がり目視が一番の診断だと考えております。
ですが中には屋根に上がりその際にわざと屋根を傷付けたりされないかと心配なお客さまも
お見えになります。上の画像はドローンで撮影した画像ですが、当社で使用しているドローンの画像は
4K画像での撮影が可能なので高解像度での撮影が可能です。
空撮での撮影ですがもともとアンテナが設置してあった場所が撤去により塗膜がめくれているのが
わかります。このような状況も画像で確認が可能です。
その為必要によってはポイント的に屋根に接近すれば釘などの浮なども確認出来る画像も撮影可能です。
   
急勾配の屋根は絶対に目視での現地調査はほぼ不可能です。
状態の確認などは目の届く所は可能ですが、ほぼ遠目の目視と図面が頼りになります。
ですがそこでドローンが役に立ちます。
高解像度4K画像での調査では色々な状態を確認することが可能です。。
ドローンがあるからといってむやみやたらと飛ばせるものではありません。

田舎でない住宅街ではほぼ必ず国土交通省の発行する無人航空機の飛行許可が必要になります。
仮に田舎でも本来必要になる空撮画像は約15m程の高さからの撮影が望ましいのですが実際は30mの距離を保たなくては飛行することは不可能なのです。
こういった条件をクリアするにはこの無人航空機の許可が必要になります。
飛行している際に近隣のご迷惑にもならないように配慮も忘れません。

また当社は他府県での実績も多いので何処でも飛行可能にする為に全国での対応が可能になるように申請を行っております。

なのでいつでもどこでも『調査』であれば飛行は可能ですのでお気軽にお問合せください。
もちろん損害保険や機体保険も加入済みですのでご安心ください。
金属サイディング カバー工法 重ね貼りの施工例
金属屋根 カバー工法 重ね貼りの施工例

サイディングって?

サイディングとは?このページでのサイディングは
アルミサイディングガルバリウムサイディングの事を言います。この2種類のサイディングは主に リフォームに使う事を主としています。
ただ世間では高額な外壁リフォーム の一つとして知られていて、なかなか手が出しにくいリフォームだと思われがちです。このHPを良くご覧になってお考えください^^

金属屋根って?

金属屋根?金属ルーフって聞いたことはありますか?
日本瓦の場合は瓦降しをしてこの金属屋根で
屋根のリフォームを施工することにより軽量にすると
言う方法と最近のアスベスト問題の カラーベストを上から
カバーする事により、継続した外観と環境に良いとすることが主に良く使われる施工工事方法です。

Copyright ©2006 リフォーム屋.net All Rights Reserved